スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15歳の決断。

大姫は高校受験で 第一志望は公立、併願で私立を受けました。
おかげさまでどちらも合格。
本来なら ココで「公立に入れてよかったね」で終わるはずが。。。

大姫は私立に心が傾いていました。
で、公立の結果を見て考えるってことになり。
合格発表のあと、担任に報告に行って
私立入学の希望を話したら
「何言ってるの?」的な展開になり。。。

公立は定員しかとらないので、辞退したら定員割れになる。
せっかく受かって行かないのは 落ちた人に悪いのでは?
と説得されて
大姫は どうしたらいいの~困ったな状態になってしまいました。

あたし達夫婦は、金銭的な面では公立に行って欲しいと思ってたけど
私立の方が大姫には向いてるかもって思い始めていたので
どちらにしなさいとは言いませんでした。
3年間通う高校を自分で選べないようでは、続けられないかもだし。

3月3日が私立の入学手続きの最終日。
大姫は2日の夜まで 悩みに悩んでいました。
そして出した結論は 私立。

担任に連絡して 公立辞退の書類の準備をしてもらうことに。
3日の朝、ダーと中学校に行って 校長先生に怒られて判を押してもらって。
その足で私立の手続きに行って 書類を提出しに公立高校へ。
そこでもまた校長先生に怒られて帰ってきました。


今回の件は あたし達の認識の甘さで
周りに迷惑をかけてしまいました。
先生からは
私立への入学を考えていたなら 試験を辞退して欲しかったとか
落ちた生徒もいるのだからとか 散々言われた。
でも、受験してどちらも受かって どちらに行くかを選ぶ権利は
あると思うのです。
併願で受験して公立に受かったら そちらに行くのが原則とは言え、
迷っている生徒に公立だけを勧める担任。
学校の都合だけで言っているとしか思えなかった。

あたしは大姫が悩んでいたのをずっと見てきた。
彼女が納得のいく結論が出せるのをずっと待ってた。
親として指導力不足だったのかもしれないけど
大人がいろいろ言う中で 泣きながら考えて出した結論を尊重したかった。

こうして 円満ではなかったけど なんとか入学先も決まった大姫は
とても晴れやかな顔してます。
自分の出した結論に自信をもって
これからの高校生活に臨んでもらいたいものです笑い
スポンサーサイト
プロフィール

さくら☆ひめ

Author:さくら☆ひめ
♥大学3年と高校2年のオンナノコの母で、駅ナカのコンビニバイト人 9年目です。
♥2007年7月 乳がん発覚☆
右乳房温存術・放射線治療を経て ホルモン療法・リュープリン3年(2010.9終了)& タスオミン5年(2012.8終了)
現在は無治療で定期健診は半年ごとです。
おかげさまで検診日を忘れそうなくらい元気に過ごさせてもらってます♪

毎日のなんでもないこと・治療のこと
記録帳みたいなカンジです(*v.v)

最新記事
最新コメント
グーバーウォーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
02 | 2008/03 [GO]| 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。