スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと気になっていたこと。

いやー 月日の経つのは早いっすね。
前回の日記からだいぶ時間が開いちゃった。
まぁ その間、紅葉見たり映画数本観たり
ちび姫の高校受験のことで考えてたりと、なにかとばたばた。(遊びがメインw)

相変わらず大姫の帰りは遅く、帰りを待っている身は寝不足の日々。。。



さて 前回4年3か月検診の時の血液検査で
まだあたしの卵巣は起きているのか?とゆー検査も入れてもらったんだけど。

結論から言えば 「まだ起きてる」でした。

ただ検査項目の『卵胞刺激ホルモン』と『エストラジオールE』の基準値が結果一覧に載ってなくて
あたしの数値はどの位置なのかが、はっきり解らない。
主治医から「まだだいじょーぶ」と言われただけ。

ちょろっと調べてみたら

FSH(卵胞刺激ホルモン)(CLIA法)
[月経周期]
卵胞期 3.0~14.7mIU(ミリインターナショナルユニット)/mℓ
排卵期 3.2~16.6 mIU/mℓ
黄体期 1.5~8.5 mIU/mℓ
[閉経後] 157.8 mIU/mℓ以下

閉経すると数値があがるんだね。


『エストラジオール』の数値は散々なもの。
エストロゲン なっしんぐって感じー。



卵巣機能が低下してないなら、生理戻るのかなーって思うんだけど
戻る気配は これまた、なっしんぐーって感じー。



もしも治療で生理止めてなかったら
自然のままだったら
身体の変化はどんなだっただろうと
考えずにいられないホルモン療法中がん患者。。。

いつまで いろんなことでバタバタすんのかなぁ。
いやんなっちゃうね。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さくら☆ひめ

Author:さくら☆ひめ
♥大学3年と高校2年のオンナノコの母で、駅ナカのコンビニバイト人 9年目です。
♥2007年7月 乳がん発覚☆
右乳房温存術・放射線治療を経て ホルモン療法・リュープリン3年(2010.9終了)& タスオミン5年(2012.8終了)
現在は無治療で定期健診は半年ごとです。
おかげさまで検診日を忘れそうなくらい元気に過ごさせてもらってます♪

毎日のなんでもないこと・治療のこと
記録帳みたいなカンジです(*v.v)

最新記事
最新コメント
グーバーウォーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。