スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はやる気が出なくて。。。

10月はピンクリボン月間。

ちなみにピンクリボンとは
『乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン、もしくはそのシンボル』(ウィキペディアより)です。


6年前に罹患してから、早期発見の大切さや
そのための検診の啓発のために
「ピンクリボンスマイルウォーク」や 「リレーフォーライフ(RFL)」等に参加してきたけど
今年はなぁんにも参加してません。

RFLは、乳がんに限らずすべてのがん患者とその家族のための催しなのだけど
今年は神奈川は開催場所と開催日が増えていて
それは認知度を高めるためには、いいことなんだろうけど
なんかドコに参加したらいいのかとか 
そんなに安売りみたいにあちこちでやって、中味が薄くならないんだろうかとか
気持ちがモヤッてしまって 参加できなかったのだ。

4年間続けた「サバイバーズフラッグに手形を残す」が出来なかったのは残念だけど。


ピンクリボンスマイルウォークは。。。
3年連続で参加したけど、その度に『?』があって。

それは
「自己満足なんじゃないか」って気持ち。

あたしは東京での参加で、東京ミッドタウンから六本木・表参道などを
検診の大切さを訴えたゼッケンをつけて歩くのだけど。
それはそれで楽しいんだけど
ぞろぞろ歩く集団を見た周りの人の何人が
「検診受けなきゃ」って思ってくれるんだろう。
って 疑問を持ったのが最初。

参加するのは ほとんどが罹患した人と、その関係者。
いわば身内だけでやってて 本当に啓発になるんだろか。。。




それでもね
発信しなければ 誰も気づかないんだしね。
発信し続けることが大事なんだよね きっと。
自己満みたいでも、100人の中のひとりでも気づいてくれれば
報われるのかもね。

今年はやる気でなかったケド、来年は復活するかもしれないし。



とりあえず 発信します。
どんな病気も、早期発見が先々を左右することが多いです。
自分を後回しにしないで、たいせつにしてくださいね。

みんな元気で笑ってて欲しいです

スポンサーサイト

病院行ってーの。

『ホワイトハウスダウン』

チャニング・テイタム  ジェイミー・フォックス  ほか。



今日は術後6年の主治医の診察日。
朝、出遅れたら13番目。
でもまぁ お昼過ぎの映画の時間には間に合うだろうと思ってたら
2番目さんが50分くらい診察室から出てこない
チケットをネットで取っちゃってたもんだから
そこからずーーーっと映画をとるか診察をとるかでイライラ(笑)

結果的に、少し余裕を残して間に合ったのだけど
おかげで先生との半年ぶりの再会は上の空でした(笑)


で 映画。
今日公開のものだったからか お盆だからか
けっこう混んでいました。

内容は まぁ あれですよ。
2時間ちょい、飽きずに でも先が読めちゃう的展開で(笑)
面白かったです。

ただねー ずっと頭の中にブルース・ウィリスが。。。
ダイ・ハード?これはダイ・ハードなの?と渦巻いてしまった
はっ これから観るひと ごめんなさい☆

観る気は無かったケド、旦那さん孝行ってことで
行ったら楽しめました。



あ そだ
診察結果は、何事もなくクリアでした


いつもより多く撮っておりま~す。

昨日は術後6年目の検診前の検査日でした。

まず骨シンチの為の放射性薬品を注射してから
肺と腹部のレントゲンに行ったのだけど。


肺は一発OK。
次にベッドに寝て腹部レントゲン。

いつもなら撮った画像を確認してすぐに終るのに、
検査着が糊ききすぎ?とかで、写りがイマイチだったらしく
別の検査着にお着替えして再び撮影。

これもよくなかったらしくて ベッドにあった薄いマットレスを外して
もっかい撮影。
これまた納得いく写りではなかったらしく、
けっきょく機械の不調とかで、別のレントゲン室に移動してまた撮影。

さすがに最初のよりは新しめの機械。
最後はきちんと撮れたらしく、すぐに終りました。
都合4回の撮影になったわけだけど。。。
線量は高くないとは言え、必要以上に被ばくしたあたしって。。。

これで画像診断料が4回分だったら 殴り込みに行くトコでした(笑)


その後は 採血・腹部エコー・マンモグラフィと
ほぼ順調に進み
最後にお昼寝しに…じゃなくて 骨のレントゲン撮りに。
ほぼ30分 ぐっすり寝て検査終了。


何も問題ないといいなぁ~。

これにて終了。



タスオミン



2007年9月10日から飲んでいた、乳がんの術後予備治療のための薬。
女性ホルモンのエストロゲンと、がんがくっつくのをブロックするものです。

今日の朝、最後のひとつを飲みました。
明日から無治療になります。


か~いほ~うか~ん
肩の荷が下りたっつーか
解き放たれたっつーか(笑)

いや~
女性ホルモンを止める注射と共に
地味~な副作用がちょこちょことね。

ふっ そんな日々ともおさらばさ



正直、不安はあるけれど
気にしなーい 気にしなーい ← いいのか?(笑)

卒業します。(術後5年検診)

今日は術後5年の主治医の診察でした。

結果は無事にクリア
16日がくれば丸5年経つことになります。

前回(5月)、ホルモン療法の経口薬を5年でやめてもいいというお話がありました。
今日の診察までうんと悩むのだろうと思っていたけど
自分的には、早い段階で案外すっぱりと『やめる』選択をしていました。


主治医は
「今は(薬は)5年~10年だけれど、さくらさんの病理結果だと、
 5年でやめても大丈夫だと思いますよ」
と、もう一度言ってくれました。

『たとえば、もう1年延ばしたとして、再発の確率は変わるんでしょうか?』
と聞いたら 答えは
「変わらないですよ」 でした。

それを聞いて 自分の中で確認するより早く
『じゃあ やめます。』 と
言葉にしていました。

5年って考えたら長いですよね。
飲み始めてから、終了を夢見てた。
ずっと 薬を飲まない身体に戻してあげたかった。


先生は優しく
「判りました。じゃあ残っているのを飲みきりで終了という事にしましょう。」

それを聞いたら 涙が出てしまって
告知された時も泣かなかったのに(笑)



あたしは早期発見で部分切除で済んだし(放射線治療はしたけど)
ホルモン療法できたから、抗がん剤もしなかったし
だから身体がつらくて仕方ないとか、髪が抜ける絶望感も味わってないし
もっと泣きたい思いをしている人から比べたら
申し訳ないくらい元気ながん患者だと思います。
でも、
でも 言わせて。


がんばったね あたし。


乳がんは「5年で完治」はありません。
半年毎になるけど、経過観察は続きます。
でも一応、仮だけど、がん患者卒業にします


支えてくれたたくさんの人たち。
本当に感謝です
これからも元気で笑顔でいられるよう
努力します。

ありがとう
プロフィール

さくら☆ひめ

Author:さくら☆ひめ
♥大学3年と高校2年のオンナノコの母で、駅ナカのコンビニバイト人 9年目です。
♥2007年7月 乳がん発覚☆
右乳房温存術・放射線治療を経て ホルモン療法・リュープリン3年(2010.9終了)& タスオミン5年(2012.8終了)
現在は無治療で定期健診は半年ごとです。
おかげさまで検診日を忘れそうなくらい元気に過ごさせてもらってます♪

毎日のなんでもないこと・治療のこと
記録帳みたいなカンジです(*v.v)

最新記事
最新コメント
グーバーウォーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。